ご予約はこちら
ご予約 ご予約

瓢斗 京都 瓢斗 京都

JAPANESE JAPANESE line ENGLISH ENGLISH
ご予約はこちら

瓢斗 京都 瓢斗 京都

瓢斗のこだわり

瓢斗のこだわり

瓢斗の名物「出汁しゃぶ」

「出汁しゃぶ」とは、薄切りの豚肉や旬の食材をしゃぶしゃぶにして、日本料理の技から生まれたこだわりの” お出汁” に付けてお召し上がりいただくお料理でございます。
京都の食文化で欠かせない” お出汁” は、京懐石はもちろん、うどんやおばんざいにも欠かせないものです。
2004 年、瓢斗は世界に類を見ないこの” お出汁” を使い、京都で初めて” お出汁” で召し上がっていただく豚のしゃぶしゃぶを提供しました。そのおいしさを瞬く間に京都人が広めたのが、瓢斗の名物「出汁しゃぶ」の始まりでございます。
「お客様により美味しいものを提供したい」という思いのもと、ポン酢ごまだれに変わる付けダレを考案できないかと職人達が試行錯誤を繰り返し、お出汁の旨味をさらに引き出すために、お出汁でお出汁を作るという技に行き着いたのです。このお出汁は、まろやかさを出す為に「かえし」を使用するなど、様々な新しい要素を取り入れながらさらに進化し続けております。当店こだわりの新しい” お出汁” を是非ご賞味くださいませ。

  • 瓢斗のこだわりイメージ
  • 瓢斗のこだわりイメージ
  • 瓢斗のこだわりイメージ
  • 瓢斗のこだわりイメージ
  • 瓢斗のこだわりイメージ
  • 瓢斗のこだわりイメージ
こだわりの厳選素材

こだわりの厳選素材

しゃぶしゃぶ用のお肉は、京都ぽーく・美湯豚というブランド豚、牛肉は日本三大和牛の近江牛を厳選して使用しております。名物のお出汁には、国産の昆布・鰹節・煮干しを使用しております。

  • aaaaa

    京都ぽーく・美湯豚

    肉質はやわらかく、味ははまろやか。

    京都府産銘柄豚「京都ぽーく」は、当店のこだわりのお出汁とからめてお召し上がりいただくことにより、お肉本来の旨味と柔らかな風味がより一層お楽しみいただけます。鹿児島産銘柄豚「美湯豚」は、脂身がさっぱりとしており、まろやかな甘味を感じられる美味しさが特徴で、当店の「出汁しゃぶ」に非常に相性の良い食材です。

  • aaaaa

    近江牛

    噛むほどに、深い味わい。

    滋賀県で丹念に飼育された、日本最古のブランド牛です。当店の近江牛は、しっかりとした肉質と香り豊かなことが特徴です。
    また、近江牛は一般的な牛肉より脂の融点が低く少し火を通す程度でお召し上がって頂くことで、香り豊かな近江牛の味わいが口の中に広がります。

  • aaaaa

    柚子胡椒

    種から育てた実生柚子を用い、一粒一粒完熟した手摘みの唐辛子との絶妙なバランスで作り上げたオリジナルの柚子胡椒は、こだわりのお出汁のうまみを一層引き立てます。

  • aaaaa

    白ねぎ

    白ねぎは、ビタミンB1 の吸収を助けるため、豚肉と一緒に召し上がっていただくのが、とても効果的です。当店では出汁の薬味に白ねぎをふんだんにご用意しています。

  • aaaaa

    うどん

    京都老舗製麺所が選りすぐりの国内産微粒粉小麦を口あたり良くしゃぶしゃぶに合う様、京の名水で丹精込めて仕上げました。

四季の食材

伝統の京野菜にこだわり、夏は賀茂茄子や万願寺唐辛子、冬は聖護院だいこん、海老芋、春は京たけのこに京菜花など。魚介類は、淡路産の鱧、駿河湾産の桜海老、長崎対馬産の九絵(くえ)北海道産の毛蟹。他にも河豚(ふぐ)や鰤(ぶり)、ずわい蟹など、素材の持ち味を最大限に引き出しご提供いたします。この他にも、ぶり・クエ・黒むつしゃぶしゃぶもご用意可能です。お問い合わせ下さい。

  • 春 春
  • 夏 夏
  • 秋 秋
  • 冬 冬
  • 春

    京筍山菜

    寒暖の差が激しい気まぐれな季節ですが日一日と確実に春が訪れます、山菜や筍がとても美味しくなる季節です。その中でも筍は調理用途の多い食材です、お吸い物、木の芽和へ焚き合せ、天婦羅、筍ご飯など、食物繊維に富みタンパク質やカリウム、亜鉛などのミネラル、そしてビタミン類も多く含まれています。

  • 夏

    賀茂茄子

    夏の京野菜や鱧などの素材をふんだんに使いガラスの器や籠に氷、青葉をあしらって緑したたるこの季節京都では夏の風物詩、祇園祭、山鉾巡業が有名です。京野菜のなかでも賀茂茄子は大きさや肉の質の良さで「茄子の女王」として君臨しています、油との相性も抜群でしぎ焼きや田楽に最もふさわしい茄子です。

  • 秋

    松茸

    この季節は重陽の節句にはじまり仲秋の名月(芋名月)や豆名月栗名月と秋の実りのお供え、秋へと季節は深まってゆきます。菊や月見の趣向に秋の七草など飾る季節でもあります、魚類は脂がのりはじめ、果物類が豊富に出回りはじめます。茸類のなかでも松茸は、この季節是非とも食したい食材です。

  • 冬

    聖護院かぶら

    12月に冬至をむかえ「冬至冬なか冬はじめ」といい、暦の上では冬真っ只中でも現実にはまだ冬の始まりです。この時期は根菜が美味しくなるとき、聖護院かぶらなど千枚漬やかぶら蒸しで 有名です。海老芋、百合根、蓮根、九条葱などは炊合せや蒸し物などには欠かせない食材です。