和風ローストビーフ~京都 瓢斗 料理長の簡単 本格和食レシピ~

瓢斗 京都 瓢斗 京都

JAPANESE JAPANESE line ENGLISH ENGLISH line 繁體中文 繁體中文 line 簡體中文 簡體中文
ご予約はこちら

瓢斗 京都 瓢斗 京都

ブログ

伝統的な日本料理やその技法など、修行を積んだ料理長がご紹介いたします。

和風ローストビーフ~京都 瓢斗 料理長の簡単 本格和食レシピ~

店舗でもご好評いただいている和風ローストビーフです。 ポイントは、しっかり肉の表面を焼いてから 調味液に漬けこみ蒸し煮にすること。 しっかり味が染みこみます。 薄くスライスしてお召上がりください。   【目次】 00:03 牛肉全体に塩コショウ....

水ようかん~京都 瓢斗 料理長の簡単 本格和食レシピ~

この季節にぴったりの和スイーツです。 既製品のあんこを使うととっても簡単にできます。 あんこに甘みがあるので、砂糖の量はお好みで調整してください。 【目次】 0:03 水を鍋に入れ、火にかけて、砂糖を入れて良く溶かします 00:21 粉寒天を入れて良く溶....

鮎の山椒煮~京都 瓢斗 料理長の本格和食レシピ~

漁が解禁になる6月から8月にかけて旬を迎える鮎 骨まで柔らかく炊き、山椒をアクセントにした煮物はいかがでしょうか。 鮎はまずオーブンで白焼き(250度12分)してから焚きます。 焚く時にお茶を入れる事で骨まで柔らかくなりますよ。 【目次】 00:03 鍋に水、酒....

鱧の落とし~京都 瓢斗 料理長の本格和食レシピ~

京都の夏に欠かせない「鱧(はも)」 鱧には、皮のすぐ上に小骨があります。 これがしっかり切れていないと食べた時に口の中であたるので 包丁で細かく切り目を入れますが、これを「骨切り」と呼んでいます。 骨切りした鱧(はも)を さっと湯に通した「落とし」にします。 ....

サバ缶と茄子の炊いたん~京都 瓢斗 料理長の簡単 本格和食レシピ~

サバの水煮缶を使って、本格煮物を作ります。 サバは崩れやすいので丁寧に扱ってくださいね。 茄子は160度くらいの油で色良く揚げます。 旬の野菜と一緒に盛り込むとより一層、豪華になりますよ。 【目次】 00:03 なすは縦半分に切って表面に細かく切り込みを入れ....

1213