世継地蔵尊大祭(よつぎじぞうそんくどくびたいさい)

瓢斗 京都 瓢斗 京都

JAPANESE JAPANESE line ENGLISH ENGLISH line ENGLISH ENGLISH
ご予約はこちら

瓢斗 京都 瓢斗 京都

ブログ

創業の地 京都、そして美しい日本の四季の祭事や伝統文化をご紹介いたします。

世継地蔵尊大祭(よつぎじぞうそんくどくびたいさい)

「世継地蔵尊大祭(よつぎじぞうそんくどくびたいさい)」とは、毎年2月8日に京都・上徳寺で行われる恒例の行事です。なぜ、2月8日に行われるのかと言うと、この日は一億日分もの功徳が得られると言われている「一億功日功徳日」だからです。 本日は、「世継地蔵尊大祭(よつぎじぞうそんく....

湯立神事(ゆだてしんじ)とは?日本全国の様々な湯立神事

「湯立神事(ゆだてしんじ)」とは、「湯立神楽(ゆだてかぐら)」とも呼ばれる日本の伝統的な行事です。本来の湯立神事は、大きな釜にお湯を沸かし、笹を熱湯に浸してそれを身にかけて、その年の吉凶を占ったり、無病息災や五穀豊穣を願います。全国各地の神社で行われる湯立神事は、神社によって形式....

ホタルイカの季節について

ホタルイカの季節を、みなさまはご存知でしょうか?ホタルイカの漁は3月~5月に行われ、最もおいしいとされる旬の時期もこの時期にあたります。普段、ホタルイカは深海で生活しているのですが、この時期になると産卵のために比較的浅瀬にまで集まってくるのです。 本日は、ホタルイカが最もお....

稲荷寿しのお話~京都、伏見稲荷大社

「稲荷寿し」は、京都・伏見稲荷大社で行われるお祭りを起源とし、古くから「神にささげる神聖な食べ物」だとされてきました。現代では、「稲荷寿し」と言えば、子供から大人まで幅広い人々に親しまれている食べ物ですので、元々は非常に神聖な食べ物であったということは、意外だと感じるかもしれませ....

節分祭の始まりと由来とは?

節分祭と言えば、2月3日に行われる豆まきや、その年の方角を向いて食べると良いとされる恵方巻を思い浮かべる方が多いかと思います。しかし、「なぜ2月3日なのか?」「なぜ節分の日には豆をまくのか?」みなさまはご存知でしょうか? 本日は、「節分祭」についてお話させていただきたいと思....

12